火災保険の節約方法

今回のテーマは火災保険です。火災保険の見直しで、ぜひ節約をしましょう。

火災保険とは

火災保険とは、住宅や店舗などの建物を対象に、火事や台風、洪水や土砂崩れなどで受けた建物の被害を補償する保険です。火災保険は、保険金額の設定が大きすぎたり、要らない補償が付いていたりと節約の余地がある保険でもあります。しかし、台風などの自然災害の増加のため、2015年に各社値上がりとなります。それまでに、必要十分な補償を見極め、保険料が割安な長期契約を結んでおきましょう。

長期契約がなくなる

割安な長期契約が各社なくなり、最長で10年契約が現状です。その大きな理由は先ほど申し上げたように、自然災害の増加があげられます。そのため、保険料が値上がり、長期契約がなくなる前の保険の見直しが、大きな節約につながります。

火災保険の中途解約

いざ火災保険を見直そうとしても、現在の契約の期間がまだ残っていたり、一括で保険料を支払ってしまったというケースも多くあります。そこで知っておきたいのが、解約返還金という制度です。火災保険を契約期間中に中途解約した場合、残りの契約期間中の保険料が返還されるのです。保険会社によっては、少し増えて返還されることも多くあり、その解約返還金を元に、新たな火災保険へ見直すことができるのです。

一度、火災保険の保険証券を見ながら、保険の見直しが可能かどうか検討してみてください。その中で少しでも気になる点があれば、お気軽にご相談ください。保険のプロがお答えいたします。