個人年金保険について

年金の種類は3種類あります

・国民年金

・厚生年金

・共済年金

個人年金保険とは、国民年金、厚生年金では老後の生活費に不安がある方におすすめしている保険です。

 

個人年金保険に入ったほうがいい理由は3つございます。

 

保険の商品の中で利回りが最も良い

個人年金保険は他の保険の商品の中でも利回りが良いと言われています。

その理由として、普通の生命保険は死亡保障というものがついています。

その分、積立られる金額の一部が死亡保障に回るので、増加率はその分減ることになります。

しかし、個人年金保険には死亡保障がついてないため、積み立てれば積み立てをした金額分運用に回るため、増加率も生命保険と比べて多くなります。

 

 

個人年金保険料控除が受けられる

個人年金保険料控除は加入者が1年に1度、所得税や住民税に対して還付される国が定めた皆様が平等に持たれている権利です。

個人年金保険に加入されている方は日本国内全体で20%~30%の方と言われており非常に加入率が低い保険です。

しかし、生命保険や医療保険と同様に控除が受けられる保険ですので加入をおすすめしております。

 

告知書の記入がいらないものが多い

生命保険などとは違い、告知書の記入が不要で加入できるものが多いです。

つまり、持病をお持ちの方でも入られる保険ということになります。

 

まとめ

まだまだ加入率の低い保険ではありますが、将来の不安解消や国が定めた控除などを受けられるため、

加入しておいて損はない保険となります。

年金受給額が今後下がっていくと言われている日本では、このような保険に加入しておき、将来のために貯蓄していくことを我々はおすすめしております。