学資保険をおすすめしない理由

学資保険とは、お子様の成長につれて必要になっていく将来の費用を賄うために貯蓄するための保険です。

しかし、我々は今学資保険をおすすめしていないさまざまな理由がございますのでそれをご説明させていただきます。

近年利回りが下がっており積立しているお金が他の保険よりも増えにくい

現在様々な積立方法があり、学資保険の利回りよりも良い保険は多く存在します。

そのため、あえて学資保険で積立をする必要はないと考えます。

 

お子様が契約した年齢になられた時に保険金が返ってくるため自由度が低い

学資保険はあくまでお子様の入学資金などのために使われる保険です。

そのまま運用すれば増えていくお金であってもそのタイミングがきた時に保険金が返ってきてしまいます。

そのため、さまざまな用途のために使える保険で長期的な積立ができる保険に加入されるほうが入学金にも使える他、いざとなったときに使えるため学資保険に加入するよりも他の保険に入られるほうが良いとされています。

 

 まとめ

学資保険をおすすめしない理由をご説明させていただきました。

私共は、いざとなった時にさまざまな用途で使える保険をお客様におすすめしております。

そのため、学資保険のような保険金が支払われるタイミングが決まっている保険よりもさまざまなタイミングで支払われる保険に加入しているほうがお客様の多くのケースで負担を軽減できると考えております。

お子様のために学資保険を加入されようとお考えの方は是非一度ご相談ください。

弊社では無料のFP相談窓口をご用意しております。