医療保険に入ったほうがいい2つの理由

加入率が年々増加している医療保険。

なぜ加入率が増えているのか、おすすめする理由をご紹介します。

 

先進医療特約をつけることができる

医療保険に入ると先進医療特約をつけることができます。

先進医療は社会保険適用外ですので、全額ご自身の負担となります。

高いもので1,000万円の治療などもあります。先進医療特約をつけていると、最大2,000万円まで保険金を請求することができます。

いざという時、先進医療でしか治せない病気になってしまった時も安心して治療に専念することができます。

 

高齢化社会だからこそ医療保険に入っていたほうがいい

入院費用の中に「差額ベット代」というものが存在します。これは所謂入院中のご自身が体を休めるベットにかかるお金です。

6人部屋などでは基本的にこちらがかからないの病院が多いですが、高齢化の今は6人部屋がほとんど空きがありません。

急な入院があると1人部屋に入ることになるケースが有り、その時は差額ベット代が請求されます。1日約1万円~5万円が請求されますので、これを医療保険に入っていると賄うことができます。

 

まとめ

将来のためにためていたお金もご自身の体調によりそちらに回さないといけないリスクを考えると医療保険に加入しておくことを我々はおすすめしております。