投資をしたほうがいい3つの理由

現代社会、さまざまな形式の投資が存在します。

将来の不安などから投資を始められる方が年々増加傾向にあります。

今回は投資をしたほうがいい3つの理由をあげさせていただきました。

 

銀行にお金を預けているだけで損をしている

みなさん何気なくお金を銀行に預け、引き出したり振込をしたりしていますがその都度手数料がかかり、結果

手数料分損をしていることになります。

今の日本は金利が0.001%です。銀行に預けるだけではお金が増えず、むしろお金が減っていくことになります。

そのため、金利の良い「投資信託」「保険」「株」などの投資に回して運用されるほうが良いとお伝えさせていただいております。

 

老後の年金受給できる年齢が伸びている

以前までは60歳で受給できていた年金が現在では65歳からの年金受給になっております。これからさらに受給できる年齢が遅くなる可能性があり、収入の減っている年齢では生活を維持することが辛くなっていきます。

さらに年金の受給できる金額も年々低くなっているため、金利がよく安心できるものに投資をしておくことをオススメしております。

 

お金が働いてくれるのが投資です

実労働をともなう仕事ではなくお金が働いてくれるため、正しい知識をつけておくだけでお金が増えていきます。

ただし、間違った知識で投資を初めてしまうとお金が減ってしまうリスクももちろんございます。

信頼できるファイナンシャルプランナーに相談した上で投資を始められることをオススメします。

 

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いている投資のことをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。