自動車事故を起こしてしまった!自賠責保険と任意保険

気をつけてはいても、意図せず自動車事故を起こしてしまうことがあります。
その万が一に備えた自動車保険には【自賠責保険】と【任意保険】の2つの種類があります。
その違いと内容についてお話します。

 

自賠責保険とは

自動車保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」というものがあります。
正式名は、自動車損害賠償責任保険といいます。
簡単にいえば、「被害者さんを救済するための最低限の保険」であり、あくまでも「人」への補償です。保険金の最高額は死亡や後遺障害の場合に3000万円、傷害の場合は120万円であり限度額を超えるとまかなえません。
また、あくまでも「人」への保障ですので、例えば壊れてしまった車や建造物の物損への賠償は対象外となります。

 

不足分を任意保険で

では、限度額を超えた賠償や物損についての賠償はどうすればいいのでしょうか。
そこで任意保険で不足分を賄います。
任意保険には保険会社によって様々な種類がありますのでそれぞれの保障内容を確認して
適切な保険プランを選んでください。

例えば、
怪我をした相手の保障(自賠責での不足分)には、「対人賠償責任保険」があり、
物損に対する保障は「対物賠償責任保険」があり、自分の車の保障には「車両保険」などがあります。

 

任意保険の加入を強くおすすめします

「絶対に事故を起こさない」ということを断言できる人はいません。
もしも起こしてしまったときに、自賠責保険だけではカバーしきれない損害が出てくる可能性があります。
また、事故を起こすということは、その先には必ず「お相手」がいます。
事故を起こしただけでもパニックになってしまう状況下で、お相手への対応を自分一人で行うことはなかなか厳しいのではないでしょうか。
任意保険に入っていれば、そのような対応も行ってくれるプランもあります。

金銭的な面以外でのバックアップを行ってくれるのが任意保険です。

相談相手がいるという安心感を手に入れられるのも任意保険の保障なのではないでしょうか。

具体的にはどんな保険プランがあるの?と思われた方はプロにご相談ください。

 

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。