台風で被害が出た時は?火災保険と自動車保険

台風大国日本!ここ最近の台風は巨大台風とニュースで騒がれるほど、体感的に大きな台風だと感じられ、
交通被害や土砂災害、洪水災害などがテレビやネットで飛び交っていましたね。
場所によっては被害が大きく、建物にも影響が出てしまったご家庭もあるのではないでしょうか。

「台風保険」なんて入っていない!!と、その被害の負担を泣く泣く負っていませんか?
その負担を実は保険で賄うことができるかもしれません。

実際、どんな保険が適用されるのかまとめてみました。

 

火災だけじゃない!火災保険で自然災害を保障

保障内容は保険会社やプランによって異なるので一概には言えませんが、火災保険で一般的に次のような災害の場合保障される可能性があります。

・(火災、落雷などの)火災被害
・(台風、竜巻、風災、ひょう災、雪災などの)風災被害
・(床上浸水などの)水災被害

契約しているプランや特約によって異なるため、ご自身が加入している保険について今のうちに確認しておくことをおすすめします。

 

車への自然被害は自動車保険で!

車の接触事故への保険については 自動車事故を起こしてしまった時の保険について の記事で書きましたが、台風や洪水などの自然災害での車への被害は保障されるのか?ということですが、車両保険に入っていれば損害を保障してくれます。
(例えば、河川の氾濫によって車が水没してしまった、ひょうでフロントガラスが割れてしまったなど)

また、自分の車だけでなく、相手方に損害を与えてしまった場合は、台風のみが直接的な原因であれば、法律上賠償責任はありません。
ただし、しっかりと対策をしていたのにも関わらず、それでも生じてしまった場合などの条件などもありますので、ご自身の所有物が風で飛んでいかないように対策を普段からしておくのがベストです。

 

建物被害は火災保険、車被害は自動車保険

台風などの自然災害による被害は、どこに住んでいても誰にでも起こりうることです。
天災で被害に遭う恐れや、意図せず加害者になってしまう恐れもあります。
ご自身が加入している保険に上記のような場合、プランや特約があるかどうかの確認をしておくことをおすすめします。

気軽に相談したい!こんな場合は?などのご質問があればプロにお聞きください。

 

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。