カフェを開きたい!資金は?

友人とのランチやおしゃべりをしたり、お仕事で利用したり、一人でくつろいだり・・・
趣味が「カフェ巡り」だという人も少なくはありません。
そして「カフェを開いてみたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか?
でも実際にどれくらいの資金が必要なのか?という疑問不安があるのが正直な所ですよね。
今回はカフェを開業するための資金についてまとめてみました。

 

一般的には・・・

一般的に開業には500万円〜1000万円の資金が必要と言われています。

資金の内訳ですが
①設備資金
②(一定期間の)運転資金
が必要になります。

それぞれについてまとめていきます。

 

設備資金

設備資金とは、
建物や土地、店舗の敷金、内装工事費金、テーブルや椅子など、はじめのお店作りに必要な資金です。
 
建物や水道電気工事などにかかる費用が約500〜600万円ほど、
食器や調理器具などに120万円ほど、テーブルや椅子に50万円ほどかかり、
インテリアなどこだわりのものを置くとすればその分も必要になります。

合計で770万円ほどになるかと思います。

 

運転資金

②運転資金は
家賃(礼金・仲介手数料や前払家賃も含む)、人件費、仕入れ代金、その他の経費のことで、
お店を続けていくために毎月必要な資金のことです。
  
礼金や不動産仲介料前払い家賃などで初月のみ発生するのが60万円ほどで
お店が始まるとかかるのが、毎月の家賃約20万円ほどや、仕入れ20万円、人件費50万円ほど、その他の経費に20万円ほどが必要になるかと思われます。

合計で170万円ほどになり、数ヶ月分できれば用意しておきたいところです。
 

資金の調達について

全て自己資金で用意するのは大変です。なので融資を利用する方法がありますが、それでも、設備資金と運転資金3ヶ月分の合計の、約3分の1ほどは自己資金があることが理想です。
そうでないと、融資を受けるハードルが高くなってきます。
そして創業時に融資を受ける金融機関は、「日本政策金融公庫」という政府機関からや、
制度融資という保証協会や自治体がサポートする融資がおすすめです。

 

まとめ

「夢のカフェオープン!」の現実は全く甘くはないですが、ここでまとめた資金に関しては一般例なので
例えば店舗は居抜き工事を利用したり、内装や家具、インテリアなどをDIYしたり・・・
設備資金を工夫次第で抑える方法はたくさんありますので、事前に知人友人・実際にお店をオープンされている方々に聞いて下調べをすることが大切です。
融資のことなどもしも専門家に相談がある方はは下記のリンクをチェックしてみてください。

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。