住宅ローン減税制度とは?

「住宅ローン減税」という減税制度があるのはご存知でしょうか?
住宅ローンを利用してマイホームを購入した場合に、
納めた所得税や住民税から、ローンの一部に相当する金額が返ってくるという制度です。
住宅購入を促すための政策ですが、具体的にどんな制度なのでしょうか?
また、どれくらいの金額が返ってくるのでしょうか?

 

どんな人が対象になるのか?

条件がクリアしていれば、これから新築マイホームを購入しようと考えている方はもちろん、
もう建てた後の方でも完成から10年以内であれば申告をして返金を受けられますので
ご自身のお家はどうなのかぜひ検討して、返金を受け取ってしまいましょう!

 

いくら返ってくるのか?

簡単にまとめると、
①年末時の住宅ローン残高を確認します。
②その1%の金額を算出します。
③その1%の金額が、所得税から返ってきます。
 (返ってくる金額=所得税−ローン残高1%)

つまり、ご自身で確定申告をして、「払いすぎた税金を戻す」手続きを行う必要があります。
手続きがなければ、払いすぎたままということになります。

ちなみに、「計算してみたら所得税の方が少なくて、引ききれない!」
という方もいらっしゃると思います。
その場合は、返ってくる予定の残りの額をさらに「翌年納める予定の住民税」から免除されます。

例)ローン残高2,500万円 / 支払った所得税16万円の場合

・ローン残高の1%=25万円
・返ってくる金額=所得税16万円−25万円
 
 →16万円は返ってくるけど・・・残りの9万円は所得税から引ききれない!!

 なので・・・ 
・翌年納める予定の住民税27万円から9万円分が控除され、翌年納める住民税は18万円に減る。
 ということになります。

 ※住民税の控除限度額は、13万6500円と決まっているため、
  残念ながらそれ以上は控除されません。

ちなみに、所得税と住民税合わせて、年間控除額は最高でも40万円と決まっています。
ですので、それ以上は控除されませんが、
10年間分このようにお得になりますので、ぜひ申請しましょう。

 

まとめ

マイホーム購入で「夢が叶った!」と満足される方も多いかと思いますが
やっぱり現実には約一生背負うローン(借金)に不安に思うのが普通でしょう。
そこで、負担を少しでも減らすお得な「住宅ローン減税制度」をぜひ活用しましょう!

住宅ローン控除を受けるためには、下記のような条件がありますので
もしこれから購入予定の方は、調べておく必要があります。

・登記簿に表示されている床面積が、50平方メートル以上かつ、
 その2分の1以上の部分があなたの居住用であること。
・ローンの返済期間が10年以上かつ、借入先は親族や知人からではなく原則金融機関からであること。
・取得日から6ヶ月以内に入居し、各年の12月31日まで引き続いて住んでいること。
・控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であること。

その他の条件もありますので、あなたのマイホームの場合はどうなのか、
実際にいくら戻ってくるのかなど、詳しくは専門家に聞いてみるといいかもしれません。

 

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。