保険の見直しのタイミングは?

多くの人が何かしらの保険に加入しているかと思いますが、
今加入している保険はどんな保障がついていて、
今のライフスタイルや今後の生活に見合っているかどうか
考え直さなければならない時がきます。
一体どんなタイミングで、みなさん加入している保険を見直しているのでしょうか。
今回は「保険の見直すタイミング」についてまとめたいと思います。

 

ライフステージが変わったら見直そう

今は独身の方も、いずれは結婚し家庭をもち、子供が産まれ・・・など、
ライフステージはどんどん変化していきます。
そのライフステージの変化は、保険を見直すのにちょうどいいタイミングです。

①結婚したとき
パートナーとお互いにどのような保険に入っているのを話し合いましょう。
例えば、死亡保険に入っているなら、その受取人をパートナーに変更したり、
もしも妻が専業主婦になる場合は、夫の医療保険の保障を手厚くしたり、万が一夫が亡くなったときの死亡保険の保障額を増やしたりすることを検討しなければなりません。

また、出産のことを視野に入れているなら、妊娠する前に医療保険に入っておくことをおすすめします。

②子供が産まれたとき

親になるタイミングで、万が一自分やパートナーになにか起きた時に、残された家族が困らないように
保障内容を手厚くしたり保障額を上げることを検討しましょう。

そして、子供の進学のことを考え、学資保険への加入なども検討しましょう。
子供が小さいうちに入れば保険料が安くなりますので早めの検討をおすすめします。
出産前にどの保険に入るか決めておき、産まれたと同時に加入される方も多いです。

③住宅を購入したとき

住宅ローンを組む際に「団体信用生命保険」というものに加入します。
詳しくはこちらをお読みください。
簡単に言えば、こちらの保障内容は親が亡くなった際に残りのローンの返済が免除されるというものです。

④子供が独立したとき

子供が学校を卒業、就職をし親の手が離れれば、経済的な援助が不要になります。
自分になにかあったときに就職前の子供が取り残されることを想定した保障内容、保障金額は
減らすことができます。
それと同時に今度は、今後の自分自身の医療保険などの見直しが必要になってくるでしょう。
また、年金のことも考慮し必要あれば個人年金保険の加入も検討することが必要かもしれませんね。

 

見直すポイント

保障額について
・金額はいくらなのか
・給付の条件
・その他の手当てでまかなえるものはないか

保険料について
・今後も含め収入と見合っているか

保険期間について
・定期保険の自動更新時期を把握しているか

解約をするなら
・払い戻し額の把握
・契約時と現在の予定利率

受取人は
・受取人は変わっていないか
 

まとめ

保険は車よりも大きな買い物です。
つまり、月々いくら支払って保障内容を買うということです。
おそらく一生支払い続けるものですので、慎重に選んでいきたいものですよね。
慎重に選んだから一回加入して終わり!・・・で、終われば楽なのでしょうけど
ライフステージの変化は誰にでも訪れます。

大きくまとめれば、家族が増えたり、減ったり・・・仕事が変わるときなどです。
そのタイミングで上記のような内容の見直しをしないと、
損をすることや資金繰りがうまくいかなくなってきてしまいます。
だからといって、なかなか自分だけや家族とだけでも決断することは難しいかと思います。
一度、気軽に専門家に無料相談することから始めてみてはいかがでしょうか?
 

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。