フラット35

「フラット35」という言葉を、耳にしたことはあるけどよくわからない。
という人のために少し簡単にまとめておきたいと思います。

 

フラット35とは

一種の住宅ローンのことです。
一般的に長期の固定金利の住宅ローンを組むのは難しいとされていますが、
フラット35の金利体制は民間のローンとは少し異なり、35年間の金利が変わらない固定金利です。
仕組みとしては、
民間金融機関が安心して長期固定金利の住宅ローンを提供できるよう
住宅金融支援機関が民間金融機関から住宅ローンを買い取り、
住宅ローン債権を証券化することで、投資家から長期に渡ってまとまった資金を調達できるのです。
 

メリット

・長期固定金利なので、金利に左右されることなく返済する額がずっと同じなので先々のプランがたてやすいこと。
・保証料や保証人が不要なこと。
・繰上返済を手数料なしで利用できるので、将来かかる利息の負担を減らすことができること。

 

デメリット

・金利の変動を受けないので、金利が下がったときもその影響を受けず安くならないこと。
・通常の住宅ローンには生命保険額も含まれていることが多いですが、別途支払いが必要なこと。
・繰上返済が最低100万円からとなっているので、簡単に返済できるというわけではないこと。
 

まとめ

結局のところ、民間のローンとフラット35で同じ金額を借りた場合どちらがお得なのか?
フラット35のメリットデメリットを理解した上で、ご家庭の状況に合わせたプランを立てなくてはいけません。
金融機関によっても金額や特典の違いが出てくるので、直接問い合わせてみるのをおすすめしますが
その前にシミュレーションしてみたいという方は、ご相談お受けいたします。

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。