妊娠前に入ろう!医療保険の必要性

独身女性の中には、妊娠、出産は少し遠い話に思っている人もいるかもしれません。
ですので、今が健康だから医療保険の加入など
考えられない人も多いのではないでしょうか?
しかし、妊娠がわかった時にはじめて
自分の身体のことが心配になり医療保険について考え始めるひとが多いのです。
その時に医療保険に加入しようとしても
制限がついてしまうことがあるので、今のうちから知識を入れておくことが大切です。

 

妊娠前に医療保険を考えよう

健康な今のうちは、病気と無縁!と思ってしまいがちです。
もちろん個人差はありますが、妊娠すると、つわりや妊娠高血圧症候群、切迫流産などの可能性が出てきます。
今までの自分では考えられないほど、身体の状態が変わってしまうことがあります。
そして、帝王切開出産になることもあります。
そうなれば、入院や手術となりお金の心配をしなくてはいけなくなります。
身体のことだけでも心配なのに、それに加えてお金の心配も・・・
そうならないように、医療保険について前もって考えておくことが必要です。

 

妊娠前に医療保険に加入しよう

「確かにお金の心配を妊娠中にしたくない!だったら、妊娠してから加入する!」
・・・というようにできればいいのですが
残念ながら妊娠後の医療保険の加入は、妊娠や出産時の保険金の給付条件が不利になったり、
加入を断られたりする場合もあります。

医療保険に加入する際には、持病などを伝えなくてはいけません。
同じように妊娠も伝えなくてはいけません。
妊娠に対しては1年間の子宮部位不担保がつきます。
どういうことかというと、妊娠・出産や子宮関連での入院・手術には、1年間は保険金が支払われないということです。
これは、医療保険などの保険は相互扶助の仕組みで成り立っているため
保険金の支払いリスクが高い人を安易に受け入れてしまうと、
保険会社からの保険金の支払いが増え、その結果、全体の保険料が上がる恐れがあります。
健康な人への公平性を保つために、このような決まりになっています。
ですので、加入時に妊娠している場合は子宮関連の入院手術の可能性が高まるため
保険金の支払いを1年間されないということになります。
また、もしも妊娠以外の子宮内膜症などの病気が見つかれば5年間の不担保がついてしまうこともあります。
ですので、なるべく早く医療保険に加入しておくことが必要になります。
入っておけば、入院や手術に対して保険金が支払われる事がほとんどです。
 

まとめ

「もう妊娠しているから、医療保険は意味ない・・・」
とここまで読んで、もしも思っていらっしゃる方がいたら、
もしもをもう一度考えてみてください。
それは「もしも帝王切開出産になったら」です。
一度でも帝王切開で出産となれば、それ以降の妊娠出産も保険金がおりないことになります。
ですので、医療保険に加入することをあきらめないでください。
医療保険は妊娠出産を意識したときから考え、加入することが一番あなたにとって有利になります。
もしも、どんな医療保険に入ればいいのかわからない!などありましたら
お気軽にご相談くださいね。

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。