住宅ローンを組む前に考える「もしも破綻したら?」

マイホームをもつことを目標に仕事を頑張っているという人も多いと思います。
その際に、住宅ローンを組むと思いますが、
その住宅ローンが破綻するかもしれないと思って組む人はいません。
しかし、実際に「住宅ローン破綻」は起きています。
住宅ローンが破綻する原因はなにか?
破綻すればどうなるのか?
破綻しないようにするには?
簡単にまとめます。

 

住宅ローンが破綻する原因

住宅ローンが破綻するのにはいくつか代表的な理由があります。

①自分の支払える額をきちんと認識できていなかった
 「月々の支払額を見て、払い続けることができそうだから住宅ローンを組んだ」
 という人も多いと思いますが、住宅ローンを組めば多額のお金を借りる代わりに利子がつきます。
 その金利がもしも変われば支払いの総額ももちろん変わり、返すべきお金は跳ね上がります。
 「これくらいなら返せそうだ」と安易に決めてしまうことは
 そういった状況に柔軟に対応できなくなる可能性があり
 破綻への道をたどることになってしまいます。

②収入が減り、負担が大きくなった
 例えば、ペアローンという共働き夫婦のためのローンがあり、
ひとり分のローン金額は少なく思えます。
しかしそこで「二人でしか返せない額」で設定していると
もしも一人分の収入が減ってしまえば対応できなくなることがありますので注意が必要です。
同様に、一人で組むローンでも、収入が万が一下がることを想定できていないと
対応できなくなります。

③貯金なしで購入した
 「頭金なしで家を購入できます」 というような不動産の広告を
そのまま鵜呑みにして購入してしまった場合は、
その頭金分のローンも組むことになるので、利子がかかり、
頭金を入れずに住宅ローンを組んだ人よりも、支払う総額が大きくなります。
毎月支払いができたとしても、最後まで支払った時の額を大きく異なりますので注意が必要です。

④政府の「家を買いやすい政策」に流された
政府は国民に家を買ってもらいやすくするために住宅ローン減税やマイナス金利などの優遇を行っています。
確かに住宅購入の手助けになるようなものですが、
それがあるから、「家が簡単に安く買える」ということではありません。

 

収入減少のタイミング

住宅ローンの最大の破綻原因は「収入の減少」です。
では収入の減少が起きるのはどんな時なのでしょうか?

・病気になった/ 事故にあった
  誰にでも起こりうることですが元気で健康な時には想像しにくい事態です。
 しかし、そのもしもの時を考えておくことが必要です。
 病気や事故になってもローンを支払うことができるか?を考えましょう。
 また、同様に、勤務先の倒産やリストラ、転職についても考えておきましょう。

・親の介護
 いつかは必要になるであろう親の介護費用も考慮に入れなければなりません。
 もしくは、介護が必要になり自分の収入が減ることも考えましょう。

・妊娠・出産
 子供を授かってから産むまで、産んだ後のことを考えます。
 通院費や出産費用、休暇中の収入の減少、などがそれにあたります。

・育児中
 子供の預け先が理由で以前よりも収入が減り、支出が増えるかもしれません。

 

住宅ローンが破綻したらどうなるのか?

ではもしも住宅ローンが破綻すればどんなことが起きるのでしょうか?
・住宅を手放さなければならない。
 →引越し先を探さなければならない
 →子供の転校が必要な場合もある
・家族を不安にさせる
・購入価格よりも低い価格での売却になり多額の財産を失う

 

まとめ

だれも破綻することを想定して住宅ローンを組む人はいません。
しかし実際に破綻してしまう場合もあるので
組む前に、万が一のことも考えしっかりと返済計画を立てることが必要です。
また、住宅ローンを組めば月々の支払額の大部分を占めると思うので
月々の支出の見直し、同時に保険の見直しもしておくことが大切です。
とはいえ、自分一人の頭の中で先のことを想定するのは
難しいことでもあると思いますので、専門家の知識を借りるのもひとつの手段かもしれません。

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。