メルカリで物を売ったら確定申告が必要になる?!

最近よく耳にするフリマアプリの「メルカリ」。
みなさんも既にメルカリで物を買ったり売ったりしたことがあるのではないでしょうか?
今回は出品側、つまりメルカリで物を売る方のお話です。
「メルカリで物を売ると確定申告が必要なのかどうか?」
を簡単にまとめたいと思います。
既に売ったことのある方にとってはちょっとドキっとしますよね。
 

確定申告が必要な人・不要な人

【確定申告が必要な人】
メルカリで稼いだかどうか関係なく、
・会社の給与の他に所得が年間20万円以上ある場合
・個人事業で所得が年間38万円以上ある場合
・給与が年間2000万円以上の場合
これらに当てはまる方は確定申告が必要です。

【確定申告が不要な人】
・会社からの給与以外に得た年間の利益が20万円未満の場合
・個人事業主で年間の利益が38万円以下の場合
・不用品を販売している場合
不用品が出た時にだけたまにメルカリで出品するような方は
ほとんど不要な場合にあてはまるのではないでしょうか?

ではメルカリで一定金額以上の稼ぎがあって
上記の【確定申告が必要な人】に当てはまる場合はどうでしょうか?

 

メルカリでたくさん稼いだら・・?

基本的に、家庭の不用品を処分することを目的に
メルカリに出品して稼いだ場合は課税の対象にはなりませんが、
ひとつ30万円以上の貴金属や美術品骨董品などを販売して売れた場合
譲渡所得扱いになり課税の対象となりますので注意が必要です。
また、月に1000品以上出品していたり、
同じ商品を10品以上出品していたりすると
営利目的と判断されたりするので確定申告をしておいたほうがいいと言えます。

 

まとめ

家庭で出た不用品を気軽に販売できるメルカリ。
あくまでも不用品を売るという目的なら、確定申告は必要ないといえるでしょう。
しかし、出品数が多かったり、単価が高かったりすれば
営利目的とされ確定申告が必要とされる可能性があります。
国民には納税の義務があります。確定申告は正しい納税をするために必要なことです。
もしもこんな場合は?と不安なことがある方はお気軽にご相談ください。

 

弊社では一級ファイナンシャルプランニング技能士がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。