住宅ローンが払えない!救世主のリースバック

マイホームを持つときに、住宅ローンが払えなくなるかも!と、考えて購入する人はいないでしょう。
ですが、万が一払えそうもなくなりそうな時はどうすればいいのでしょうか。
ひとつの選択肢として、「リースバック」というものがあります。

 

リースバックとは?

簡単にまとめると、今住んでいる自宅を一度売却して、そのまま借りて住み続けるということです。
全日本任意売却支援協会か、もしくは投資家が買主になり、そこへ毎月の家賃を支払うことで住み続けられる仕組みです。
もしも住宅ローンを滞納していたり、税金を滞納して差し押さえられていたとしても、
リースバックは利用することができ、任意売却をした後にそのまま住み続けることも可能になります。

 

リースバックのメリット

リースバックのメリットとしては下記のようなことがあります。

•子供の学校区を変更しなくていい
•長年住み慣れた場所を離れなくていい
•ローン返済から解放される
•固定資産税の支払いがなくなる
•将来買い戻すことも可能

 

リースバックができる条件

誰でもリースバックが簡単にできるわけではございません。
下記のような条件があります。

①安定した収入があること
通常の賃貸住宅を借りる際と同様、毎月の家賃を支払っていくことになるため、
安定した収入があることが条件となります。
しかし、必ずしも正社員である必要はなく、
一定の収入が見込めるのであれば
アルバイトや派遣社員、年金生活の方であっても
利用することができます。

②名義人すべての同意が必要
自宅を売却するということなので、
住んでいる方が自由にリースバックできるわけではなく、
もしも兄弟でその家を相続しているのであれば、
その兄弟全員の同意が必要になり、
売買契約書への署名と捺印が必要です。

 

まとめ

リースバックは、自宅を売却しローンの返済から解放されそのまま住み続けられることが、最大のメリットです。
ですがもちろん自宅を売却しているため
そのままでは子供に資産として自宅を残すことはできません。
もしも、資産として子供に自宅を残したい場合
「買い戻し」によって将来自宅を買い戻すこともできます。
そのためには売却の場合に「○年後に子供名義で買い戻す」という条件をつけておくのです。
そうすることにより、子供が就職後に子供名義で買い戻すことができます。
というように比較的柔軟なリースバックという方法は、住宅ローン返済の強い味方です。
これから家を買おうとしている方にとっても
心の安心材料になるのではないでしょうか。
現在ローン返済に不安を感じている、という方もお気軽にご相談ください。

 

弊社では1級ファイナンシャルプランナーの有資格者がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。