将来のお金の不安。何をすればいいの?

終身雇用制度も崩れつつあり、
大手企業もの早期退職募集をし、
老後の年金も満足にもらえるかどうかわからない・・・。
「大手企業に入れば一生安泰!」と心から思える人は
ひと昔に比べれば少なくなってきていると思います。

本業があり、現在不自由ない暮らしはしているけれど、
将来・老後のお金の不安があり
「所属しているだけで一生大丈夫だ、という時代ではない」と
危機を感じている人が、この文章を今読んでいるのではないでしょうか?
その危機感は正解で、今は所属する組織だけで
満足のいく経済的自由を得ることはなかなか難しい時代になっています。

では、その危機感を行動にしていきたいところですが
どんな選択肢があるのでしょうか?

 

収入を増やす3つのこと

ここでは、お金の不安を減らす方法として
「収入を増やすこと」を考えるとします。
収入を増やす方法には大きく分けて
①「本業」②「副業」③「投資」の3つがあり
どれかをやっていれば大丈夫というわけではなく、
すべて行っていれば大丈夫というわけでもなく
あなたに合うそのバランスをとっていくことが大切です。

 

①「本業」で収入を増やすために

本業に関わる自己投資をすることです。
本業を今以上にステップアップし収入を増やすためには、やはり勉強が必要です。
専門知識が必要な職ほど、必要になります。専門知識を勉強することはもちろん、
所属している会社の業界事情などを学ぶことは、
会社内での地位を上げることにつながったり、副業にも役立つかもしれません。
また、語学や財務、経営学やマーケティングのスキルは
どの場にいっても、将来いつでも役に立ち、周囲の人たちから重宝されるため
本業にとどまらず、副業でも収入アップにつながるでしょう。

 

②「副業」で収入を増やすために

かつての日本企業では副業なんてありえない!という空気がありましたが、
最近は、副業を認める企業も増え、会社員が副業で収入を得るという方法が容認されつつあります。
もちろんそれには、「本業をおろそかにしないこと」が前提条件であるため、
副業は本業に支障のないよう、時間と体力をできる限り抑えたものを選ぶようにしましょう。
アフィリエイトなどの広告収入や、クラウドソーシングなどで得るクリエイティブワークなどは
すぐに始められますが、正しい知識がないと失敗したり、うまく収入には結びつかないので
稼ぐためにはやはり、本業で収入アップする方法と同じく自己投資となる勉強が必要になります。
また、副業には新規事業を立ち上げるという方法もあり、その場合に必要なスキルは
経営学やマーケティング、その業界の研究、マーケット調査などが必要になりますので
その分野の自己投資をすることが必要です。
そして、副業で意外と一番大切なのは、人脈です。
会社に所属するわけではなく、一人で仕事をすることが多いでしょうから
そこに人脈は必要不可欠です。人脈が絶えない仕事を連れてきてくれます。
継続的な収入を得るためには、一番大切に考えたいことです。

 

③「投資」で収入を増やすために

資産運用による投資で収入を増やす方法もあります。
株式投資が小口で始められるので、
サラリーマンや主婦が少額を元手にして、資産を増やしているという事例も多くあります。
またFX、不動産投資など様々な商品が簡単に購入できるようになっています。
中でも不動産投資は注目されており、利回りが得られやすい物件を選定するといった事前調査や業者選びを事前にすることで
リスク回避をしやすく、資産にもなるので注目されています。

 

まとめ

3つの収入を増やす方法を簡単にご紹介しましたが、
その中で何を始めるかは、今のあなたのライフスタイルや、将来像をきちんと考えて始める必要があります。
ただ、その中で一番早く着手でき、今後に広がることは
「本業の自己投資」です。本業に携わる専門知識などを学び必要なスキルをつけることです。
ただもし、今の本業をずっと続けていくのかなど
本業に疑問をもっているなら、そこからきちんと考える必要があるのかもしれません。
そしてそうではなく、本業は本業!それより全く違う分野でチャレンジをしたい場合は、専門家に相談するのが一番早いです。
収入を増やす方法の一般的なご提案は
本記事でも書いた通り、インターネット上でも溢れています。
しかし、あなたにあった収入の増やし方は
あなたの話を聞いてみないことには、はっきりした答えは出ません。
将来に不安を抱えているなら一度ご相談ください。

 

弊社では一級ファイナンシャルプランニング技能士がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。