不動産・住宅

本業と両立!初心者おすすめの不動産投資とは

「収入を増やしたいな・・・」と思ったときに
「不動産投資」にたどり着いた人もいるのでは?
今の仕事を続けながら始める方が多い不動産投資について
簡単にまとめたいと思います。
 

不動産投資とは

まず不動産投資とは、利益を得ることを目的として不動産に投資することです。
つまり「大家さん」になるということです。
大家さんは、自分が持っている不動産を人に貸して、家賃収入を得ています。
しかし大家さんというと、昔からその土地を持っていて
それを貸し出しているというイメージがありませんか?
「不動産投資」とはそうではなく、
もともと土地を持っていなかった、つまり大家さんではなかった人が、
土地や建物を購入し、人に貸し出して大家さんになることなのです。「不動産投資家」ともよばれます。
不動産の種類は、一棟アパートや一棟マンション、そのマンションの一室である区分マンション、戸建て、駐車場、倉庫、コインロッカー、民泊なども同様に投資対象となります。

不動産投資は、不動産が値上がりしたら売って売却益を得る(キャピタルゲイン)ことと、
不動産を貸して家賃収入で運用益を得る(インカムゲイン)ことの2つの方法で収入を得ることができます。

不動産投資は株式やFXなどの金融商品と異なり、比較的低リスクで長期的に安定した収入を得られる上に
節税効果も期待できるため、近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えてきました。

 

家賃収入(インカムゲイン)の利益を出す仕組み

インカムゲイン方式では、物件を購入し、それを第三者に賃貸することで、毎月安定した家賃収入を得ます。
物件を銀行からのローンで購入した人は、その家賃収入が全てあなたの手に入るというと厳密にはそうではなく、
家賃収入の中からローンを返済していきます。
毎月の家賃収入の中からローン返済をし、
入居者の募集や物件の管理を管理会社などに依頼している場合は
それらの支出を引いた分があなたの収入となります。

 

初心者に不動産投資がおすすめな理由

さまざまな投資の中でも不動産投資は投資初心者におすすめなのですが
その理由は
①特別なスキルやノウハウはいらないこと
不動産投資について基本的なことを勉強する必要はありますが、株式投資やFXのように複雑な投資方法を学んだり、
日々経済の動きをチェックしたりしなければいけないということはないので
他の投資と比べれば、不動産投資はシンプルで、特別なスキルやノウハウは不要なのです。

②本業の時間を割かなくていいこと
株式投資やFXといった投資の場合、小まめに経済の動きを確認しなくてはなりませんが
不動産投資は入居者がいる限り安定した家賃収入を得ることができるので
他に本業をしている人でも本業の時間を割かなくていいのです。

③資金計画がたてやすいこと
入居者がいる限り家賃収入は毎月一定額で入ってきますので、資金計画の見通しを立てることができます。

 

不動産投資のメリット

初心者におすすめな不動産投資ですが
他にもメリットがあります。

①長期的・安定的に収益をあげられること
将来にわたって賃貸需要の減少しない地域の物件を選べば、急に不動産の価値が半分になってしまうといったことはありません。
なので、安定的に収益をあげることができます。
②節税ができること
不動産投資によっては、所得税・住民税を節税することができます。
また、相続税を節税することができる場合もあります。
相続税において資産を現金として持っているよりも不動産として持っている方が有利なのです。
③生命保険の代わりになること
不動産購入時に加入を義務付けられる団体信用保険は、
購入者に万が一のことが起きてローンの支払いができなくなった場合でも、
保険によってローンが支払われるというものです。
そのため、残された家族はローンが完済された状態で不動産を受け取ることができ、
相続税が通常より優遇され、まるまる家賃収入を得ることができます。
また、相続された後は不動産を売却してお金に変えることもできるので
このように生命保険代わりになるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。投資ときくとちょっと抵抗があった方も
少し興味をもっていただけたのではないでしょうか?
しかし実際に始めようとすると細かなことでわからないことがあり
なかなか進められないと思います。
どんな物件に投資したらいいか、いつのタイミングで始めようか、申請するものはあるのかなど、
初めてのことはわからないことが多いですよね。
小さな疑問でも大丈夫です。少しでも投資に興味をもっていただけたならお気軽にご相談くださいね。

 

弊社では一級ファイナンシャルプランニング技能士がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。