資産運用

お金が増える?!外貨預金のメリットデメリット

何気なくしている貯金。
日本で普通に生活していたら円の貯金をしていますよね。
円預金の利息はあまりつかないので
その利息をあてにしている人は、少ないでしょう。
じゃあ円以外だったら?外貨で預金するという選択肢は?
そのメリットとデメリットを紹介します。

 

外貨預金とは?

円で預金ではなく、外貨で預金を行うので
「外貨預金」といいます。
円だと低金利で、利息に期待はできません。
そんな今、外貨預金は資産運用のひとつとして注目されているのです。

日本と外国では金利が違います。
一般的にいって、外国の通貨の方が円よりも金利が高い傾向にあります。
金利が高いということは、もらえる利息は多くなります。

ちなみに外貨預金を始めると、預け入れ時と、払い戻し時の、為替レートというものにも注目しなければなりません。
為替レートは、円と外貨を両替するときの価格のことです。
例えば、
1米ドルが100円のときに1万米ドル預けだし、
その時円で換算すると
100×10000=100万円
となりますよね。
そのあと、
1米ドルが90円になると、(円高)
90×10000=90万円となります。

このときに日本円に戻してしまうと
10万円の損をしてしまいます。
なのでそのまま預けておきます。
1米ドルが110円になったとき(円安)は
結果110万円になるので、
預け入れ時よりも10万円増えることになります。
そのタイミングで払い戻しをおこなうと
利益を得るという結果になります。

つまり、円を外貨預金するということは
為替レートによって価値が左右するということです。

外貨預金のメリット

外貨預金のメリットはなんでしょうか。
ひとつめは、やはり円で預けておくよりも
外貨預金の方が金利が高いことです。
ふたつめは、他の外貨を預金して分散投資しておくことで
今後の日本経済の不安の安心材料になることです

 

外貨預金のデメリット

とはいっても、簡単ではない外貨預金です。
デメリットはなんでしょうか。

ひとつめは、預ける時も、払い戻すときも
為替手数料がかかるということです。
つまり、預けたあとに何も変動がなく払い戻しをするとなっても、元本割れとなってしまうのです。
ふたつめは、上記でお話したように、預けたあと円高の状態で払い戻しをすると、損をしてしまうことです。

 

まとめ

簡単に外貨預金についてお話しました。
しかし外貨預金はリスクも伴うものですので
ギリギリの資金で行ったり、
一度にたくさんの資金で行ったり、
ひとつの通貨にまとめて行ったりしないようにしてください。
そうなればもう投資ではなく
「ギャンブル」となります。

外貨預金はあくまでも、余裕資金で、少しずつ、
分散投資を意識しておこなうことを
おすすめします。
毎日為替レートとにらめっこして
一喜一憂してしまうようなことには
ならないで欲しいと思います。
何回もいいますがそうなればもうそれは
「ギャンブル」です。

 

弊社では一級ファイナンシャルプランニング技能士がお客様のライフプラン設計をサポートさせていただいております。

もちろんこの記事に書いていることをお伝えさせていただくことも可能です。

無料でご相談が可能ですのでぜひお問い合わせください。